ドラゴンベアード(DRAGON BEARD)のこだわり

スポンサードリンク
ドラゴンベアードがこだわるのは、まずブランドの基本姿勢として”世界”に視線を向けることで、日本に数多く存在する他のどのシューズメーカーもこだわりを持つことのなかった、グローバル化を強く意識することにポイントを置いている点です。

その目的は、日本が誇るべき高度な技術や、長い歴史に育まれた独自の優れたセンスを世界中に発信して存在を認識してもらい、そして受け入れてもらうことに他なりませんが、そのモチーフとして、覇者のシンボルとされてきた”龍”を選んだのも、こだわりのひとつ。

そして、もともと日本の伝統的な文化からすれば外来品であった靴に、ブランドマークである”龍の髭”をメインにして”和”のテイストを盛り込んだデザインとし、一足一足に至るまでを手作業でフィニッシングしているといった点が、その具現化のこだわりということになります。

機能性と美しい表情やシルエットを両立させる観点から、足を運ぶことについての快適さを追求したソールや、一切の無駄を排除した固まり感の強いボディーラインを実現しているのもその一部で、そのすべてが高いスキルの技術によってのみかなえられるもの。

単に流行を追うだけの安易な方向には決して傾かず、実際に作成される案の内、わずか数パーセント程度しか製品に結びつかないというデザインや、徹底的に研究された履き心地によって、ドラゴンベアードを手にする人を魅了するのも、またドラゴンベアードのこだわりなのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。